2010年6月 のアーカイブ

2010年6月20日

いいから、早く答え言えよ

おはこんばんちは、Rejet青木でございます。

先日、予告どおり土曜日に秋葉原に行ってまいりました。
そしてア●メイトさんとメッセサ●オーさんで予約してまいりました。

もう打ち止めです、流石に。ホントに死んでしまいます。
俺の死は、3年と2ヶ月隠しておけ……パタリ。

本棚を組み立てて運んでる際にも腰が痛くて死ぬかと思いましたが。
体中痛いです。でもまだ組み立て地獄とダンボール開け地獄は続くわけです。

って、いつまで予約ネタと引越しネタを引っ張るつもりでしょうか?

あ、先日ですね、少女マンガ雑誌『花とゆめ』様に本タイトルをプレゼントとして取り扱って頂きました!
もし、お金が無くて買えない;;とお嘆きのお嬢さんがいらっしゃいましたら、手元の花とゆめをご確認くださいな。と思ったら、もう締め切りすぎてました。ごめんなさい。
どのくらい応募来たのだろうか…気になります。でももし全然応募が無かったら泣いてしまうかもしれん。
だから知らない方が良いと思う。

 

さて、いいかげん皆さんお待ちかね(多分)の本題に入りましょうね。

前回のお話覚えておりますでしょうか?
クイズ的なものを出したまま逃げ出したわけですけれど、皆さんは誰だと思いましたか?
コメント書いて下さった方々は、「ヨウスケ」とか「ユゥジ」とか「ディバイザー」とかが多かったですかね。

ここで、ヒロはともかくカズキとかは出てこないのが切ないです。
あ、いやそれ言ったらヒジリやタクトも出てきてないぞ。
特にタクトなんて
「高い作戦指揮能力を持つ【SRX】のリーダー的存在。」
とか言われてるのに、可哀想でなりません。
というか、タクトってあまり話に出てこない気がしますが気のせいでしょうか?
気のせいですね、なんたってリーダーですもん。話題に出ない訳がありません。

って! また話がそれた。

では、そろそろ正解に行きたいと思いまーす!

ダラララララララララ(ドラムロール)、ジャジャ~~~~~ン!!

答えはCMの後!!!

…すいません。

正解は………………「ユゥジ」でした~~~~!

超普通…

まあ、お兄ちゃんキャラなので、みんなを諌めるような台詞が多いので、厳しさと優しさの融合?的な?
かっこいいわけですよ。
同性にも好かれるかっこいいあんちゃんってことですよ。

「べ、別に私はあんたのことなんてなんとも思ってないんだから!
 強がってるわけじゃないんだからね! 勘違いしないでよ!」

「おいおい、そんな淋しいこと言うなよ。
 俺は結構嫌いじゃないぜ、……お前のこと」

「ちょっ! ユゥ……!」

「ん?」

「バ……バカッッ! もう知らない!!」

タッタッタッタッ

「お、おい! ……やれやれ、行っちまった。
 まったく、ホント素直じゃねーな。あいつは」

…すいません。
誰だよ、お前って感じで。
折角なので、ユゥジさんにも出演して頂きました。
本当にすいません。汚してしまった気がしないでもない。

正解した方々に捧げる超SSでした。

 

またもや前々回頃のコメント返信しました。
いつもありがとうございます! 皆さんの応援でご飯3杯いけます。

2010年6月19日

ツリーにしたら負け

category:制作

ご無沙汰してます。シナリオ工房月光の熊谷です。
一度潰れたはずの下北の唐揚げ屋さんが謎の復活をとげて気分がいいので、
久々にブログを書こうと思います(^p^)

さて、発売までもう二週間を切りましたね。
みなさんPS2を起動する準備はできましたでしょうか?
手のひらに十字傷は書きましたでしょうか?
紅傷ごっこはおすみでしょうか?

ちなみにウチには現在放送中の仮○ライダーW変身ベルトがあり、
夜な夜なひとりで「サイ○○ン! ジ○ーカー!」とかやってるんですが、
それを知った周囲の人たちからは“残念系ライター”の烙印を押されています(・A・)ナゼ?

まぁそれはともかく、最近ちょくちょくSSを書かせて頂いてます。
公式ページにある「君がいる夏、素直になれなくて」「やっぱり生がいいと思う」
そして「降り注ぐ、コトノハ」がそうですね。
みなさま、もう読んで頂けたでしょうか?

「降り注ぐ、コトノハ」を読んでカズキを見直した、好感度が上がった
という方がいましたら、それは間違いなくこの数ヶ月に渡る“フリ”のおかげでしょう。
普段はあんなですが、本当はいい奴なんです。マジで。
ゲーム本編でも、大事な場面ではあのSSのようなカズキを見られるので、お楽しみに。

あと「普段のカズキの言葉の意味がわかりません」という苦情は一切受け付けません。
俺に聞かないでください。カズキに聞いて。
彼の言葉はルー語でもありません。(ルー語は日本語を英語にしてる以外は普通なので)
唯一無二のカズキ語です。
彼はアーティストなので、意味よりも語感やメロディを大事にする傾向があるようです。
俺にわかっているのはそのくらいですかね……。

ゲーム本編や特典ドラマCDでも何度か使われているカズキのセリフとして

「ツリーのせいさ!」

というのがあります。
はい、これは日本語に訳すと「気のせいさ」となります(ツッコミ禁止です
そんなわけでみなさんも、カズキ語の意味に関しては「ツリーにしゃダメ!」

さて、そんなツリーにしちゃいけないカズキ語満開の新作SSが
本日発売のB’s Logさんに掲載されるようです。
カズキ&ヒジリという珍しい組み合わせがバカバカしい会話をしているところに
アキラが現れて……という内容になります。
アキラもたいへんだなぁ、と思うこと間違いなしのSS、ぜひチェックしてください。
SSは他にも何本か書き終えているものがあるので、順次公開されていくと思います。
だいたいキャラひとりにスポットを当てたものがメインになりますが、
そのうちIS6人全員が登場するSSを書くときがくるかもしれません。

そのときぜひやりたいネタが、彼らが巨大ロボットに思いを馳せるお話!

だって男の子だもの。巨大ロボットに憧れないわけがない。
6人それぞれが単独で楽器の形をしたマシンに乗り込み、
そのマシンが合体して巨大人型ロボットが完成するわけですよ。

その名もSRエッ……!

まぁ名前はどうでもいいとして、彼らは自分たちに巨大ロボットがあるとしたら、
各自どの部分に乗り込みたいかを話し合うわけです。
ヒジリ 「オレ頭もらい! やっぱ花形は譲れないっしょ!」
ヒロ  「ボク背中でいいや。なんか前って怖そうだもの」
ヨウスケ「なら俺は……フライパンだ」
タクト 「待て、ヨウスケ。フライパンは人体の必須部位ではない」
ヨウスケ「……チッ。なら手首だ。料理に一番大事だから」
タクト 「手首なら許可する」
ユゥジ 「いいのか、手首!!!? めちゃめちゃ可動域広そうだぞ!!?」
カズキ 「ミーはキーボードにオンザボード!」
ヨウスケ「カズキ、真面目に考えろ」
ユゥジ 「フライパン乗ろうとした奴がツッコんだ!!?」
みたいなことを、バカバカしくグダグダと。
まぁナイトフライオノート相手に巨大ロボは明らかに不要なので、
彼らの渾身のアイデアは甘粕くんあたりに却下されること間違いなしですが……。

と、こんな内容のSSはおもしろそうなので書いてみたいわけです。
伊東さんが却下しなければ書けるんだけどなぁ |ω・`)ジー

あっ、でもみなさんがこの続きを読みたいと言ってくれれば、
きっと実現するはず! 現段階ではマジで白紙だけど、きっとなんとかなるはず!
まぁそんな感じで、ひっそりとSS実現を祈ってます。

それでは、今日はこのへんで。

前回の日記にコメントくださったみなさん、めっさ遅れてすいません。
変身しておきましたので、今後ともよろしくお願いいたします。

 

———————————————————————————-

こんにちは。
RED制作アシスタント平井です。
公式webサイト「スペシャル」内「Short Story」にて
熊谷さんの書かれた「STORY05 ビッチビチ・ホリデイ」が公開となりました。
今回のお当番キャラは「ヒロ」です。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

2010年6月18日

スカレサッカー

category:pako

どうも お久しぶりです pakoです 
色々わせわせしておりました申し訳なかったッス

布陣みつつ布陣以前にフェルは絶対手で取るだろとか
ていうか絶対足ボールにササル!とか
エピフォンうごかねぇだろ!とか
カズキは絶対パスしないと思うとか
でもディバイザーさんは羽根開けばゴールぐらい余裕で覆えそうなので
点は取られないでユゥジとタクトは上手くやってくれるだろうと言うことで
ナンダカンダで勝つんだろうなぁ
不思議布陣だ・・

SRXまわりの俺のお仕事はようやく少し一段落
まぁこれから発売もあるのですこしだけですがー!
どんどこ盛り上げていこうと思います
とりあえずフォーメーションアイデアとしては
ディバイザーが点取られないなら他みんなFWでいいんじゃないか
駄目なんじゃないか

コメントはコメント欄にー

2010年6月17日

公式web更新情報

category:制作

こんばんは。
RED制作アシスタント平井です。

いつもブログをご覧いただき
誠にありがとうございます。

「スカーレッドライダーゼクス」公式webにつきまして、
最新の更新情報をお伝えさせていただきます。

■6/11更新
「スタッフ」ページ内「Interview」ページにて、
Interview♯08
ユゥジ役近藤隆様、ディバイザー役小山力也様の
インタビューが公開となっております。
店舗特典ドラマCD収録の際にお二人ご一緒にお話を
聴かせていただきました!
「メインスタンス」「サブスタンス」として、
相手に思うところや、
ゲーム収録の際の同時音声等について
お話いただいております。

また、動画でのコメントも掲載されておりますので、
是非ご覧いただけますと幸いです。

■6/17更新
「スペシャル」ページ内「ShortStory」にて
STORY 04
「降り注ぐ、コトノハ」
を公開いたしました。

今回のお当番キャラは、
愛すべきムードクラッシャー「カズキ」です。
いつもとはちょっと違った横顔を見せるカズキを
ご堪能くださいませ。

2010年6月16日

もしも、SRXメンバーがW杯日本代表だったら

ご無沙汰しております。
久しぶりの登場、ストーリーライダーズ武田です。

いやぁー、勝ちましたねーっ日本!!
2日経ってもまったく興奮冷めやらない僕です。

だって、初戦で勝つのは日韓戦から8年ぶりですよ!
本当に奇跡の一勝。
なんでも瞬間最高視聴率、49,1%だったそうで、
さすが世界の祭典ワールドカップの注目度は高いですよね。

今週土曜はオランダ戦!!
ですが、オランダは強すぎるのであんまり期待しないとして、
しかし、その後のデンマークに勝てば悲願のグループリーグ通過!
その次は、イタリアと対戦、勝てばスペイン、
そしてさらに勝っちゃったらまさかのベスト4・・・。

おっと、妄想が膨らみすぎました・・・。
いや、でもこのテンションならとことん妄想したいくらいです。

というわけで、今日は妄想癖を最大限に膨らませて、

「もしも、SRXメンバーがW杯日本代表だったら」

という大妄想を展開しちゃいます!!

もちろん、監督はアキラ、ではなく、貴女ですよっ!!

というわけで、まずはフォーメーションから行きましょう。

ここはやっぱり験を担いで、カメルーン戦に勝った時の
岡田ジャパンの布陣を下敷きにするのがいいでしょう。

ちなみに、その時のフォーメーションは、

「4-5-1」

でした。俗に言う「1トップ」というやつですね。

あんまりサッカーがわからないという人のために説明しますと、
これはDF(ディフェンダー)MF(ミッドフィルダー)FW(フォワード)
順番で、それぞれのポジションの人数を表したものです。

つまり、DF 4人、MF 5人、FW 1人という意味です。
図にすると、

       <相手ゴール>
         
↑↑↑
         FW 本田  

   MF 大久保        MF 松井

  MF 遠藤           MF 長谷部

         MF 阿部  

  DF 長友           DF 駒野

   DF 闘莉王        DF 中澤
 
        <GK 川島>

となるわけです。

FW(フォワード)は、1番トップの攻撃ポジション、点を取るストライカーですね。

MF(ミッドフィルダー)は、攻守ともにできるオールラウンドポジション。

DF(ディフェンダー)は、守備専門、相手の攻撃からゴールを守るポジション。

そして、GK(ゴールキーパー)を含めたトータル11人で戦います。
ではでは、ここにSRXメンバーを当てはめて行きましょう!

SRXメンバーはもう皆さんご存じ、メイン&サブスタンスで12人います。
プラス、甘粕、石寺、近江、但馬、駿河など控え選手も充実!!

ということで、まずはFW(フォワード)から決めます。
ここはなんと言っても点取り屋のストライカー、決定力が要求される重要ポジション。
ですが、あえて僕はここに、タクトを配置しちゃいます。

タクトは線が細く、フィジカルが弱そう。一見ストライカー向きではないのでは?
と思われがちです。
しかし、実は小柄な選手ほど相手の隙をつく抜け出しがうまかったりします。
そして、何よりもタクトには音楽にかける情熱&リードギターという責任感があります。

フォワードで1番大事なのは、技術もさることながら、何よりもメンタル。
1998年のフランスワールドカップでは、フォワード中山が骨折しながらも
気持ちだけでゴールを押し込んだことがありました。

というわけで、なんだかんだ図太いメンタルを持っていそうなタクトが、
フォワードに決定です!!

そして、MF(ミッドフィルダー)。これは攻撃型と守備型のふたつに分けられます。
前線にいるのが攻撃型で、後方にいるのが守備型です。

では、まず攻撃型の前線ですが、
右にヨウスケを配置、左にはフェルナンデスを置きたいと思います。

ヨウスケを置く理由は簡単。フォワードのタクトとの連携を考えてのことです。
タクトの動きや飛び出しを予測できるのは、幼なじみのヨウスケしかいません。
しかも、ヨウスケはバンド内で、タクトをバックアップするリズムギター。
とことんフォワードをバックアップするという意味でも、
タクトが相手ゴールに飛び出した瞬間、ヨウスケが裏をつくキラーパス!!
そのままタクトが強烈なシュート!!

というイメージが湧きますよね!(本当か?)。
ということで、ヨウスケは右のミッドフィルダーに決定。

そして、左のフェルナンデス。
これは、右のヨウスケとの連携を考えてのこと。
ヨウスケとフェルは、メインとサブの最強コンビ!!
さらにフェルの性格から、もし中盤でボールを奪ったら、
一気にゴールめがけて突進してくれるでしょう。
さらに、フィジカルが異常に強い。ちょっとやそっとじゃ倒れません。
もし、フィジカルの弱いタクトがボールを奪われても、
「オラオラオラーーっ」と強烈なタックルで即座にボールを奪取、
そのままゴールへダッシュしてくれます。
もっとも強引すぎて一発レッド退場というパターンもありえますが、
とりあえずスタメンなのでそこは強気で行きましょう。

そして、今度は後方、守備型のミッドフィルダーです。
ここには、左から、ヒジリ、ユゥジ、リッケンバッカーを置きたいと思います。

ヒジリは、実はなんだかんだでSRXを影で支える男です。
しかも、攻守共にバランスを兼ね備えたオールラウンダー(な感じがしませんか?見た目)。
しかし、彼に唯一の欠点があるとすれば、「気ままな性格」というところでしょうか。
ボールを取られても、「ま、いっか」でやり過ごす可能性があります。

そんないい加減なボール扱いではすぐに点を取られてしまいます。
そこでヒジリを叱咤する役目が必要!!
ということで、頼れる兄貴、ユゥジの登場です。
ユゥジはちょうど真ん中の位置、この位置は「司令塔」を意味します。
つまり、ユゥジがキャプテンマーク。
司令塔は、他の選手たちをメンタル面でサポート、ゲームメイキング、
精度の高いパスを上げてチャンスを作り出します。
もう、ここはユゥジで文句なし。他に適任は見当たりません!!

そして、右ポジションのリッケンバッカーですが、これはスピード重視です。
リッケンはおそらくメンバー内で1番足が速いはずです。
これは統計を取ったわけではありません。僕が勝手に「野生児なんだから速いはずだ!!」
と信じこんでいるだけです。
その速さを生かし、後方からサイドを一気に駆け上がります。
そして、ゴール前で待つタクト、ヨウスケ、フェルにセンタリング、
そのままボールを受けた誰かがヘッドでゴールを奪う!!
という最強のイメージが描けますね。(夢見過ぎか・・・)

そして、最後はDF(ディフェンダー)。正直、ここは本当に悩みどころでした。
しかし、むりやり采配しますと、
左から、エピフォン、カズキ、レスポール、ヒロではないかと・・・。

正直、エピフォンのポテンシャルは測りしれません。
彼がどんなプレイをするのか全く想像できないので、もしもの期待にかけて、
左端のディフェンダーに起用します。

そして、カズキ。これはもう説明はいらないでしょう。
言わずとしれたSRXナンバーワンのファンタジスタです。
彼がサッカーのルールをどの程度把握しているかは謎ですが、
下手すると、自陣ゴールに強烈なシュートをお見舞いする危険性も
あります(オウンゴール、トゥーリオ!)。
しかし、うまく機能すれば、ディフェンダーのくせに相手ゴールまで突っ走り、
オーバーヘッドをキメるくらいのポテンシャルを持つ男です。
ギャンブルですが、そのポテンシャルに期待!!

そして、ヒロ。ぶっちゃけ彼は心身ともにサッカー向きではありません。
スタメンから外そうとも考えましたが、いじけてしまうので仕方なく入れました(笑)。
しかし、実は、ヒロとカズキはいがみ合いながらも1番仲が良いという噂もあります。
もしこの2人がコンビネーションで並べば、とてつもないプレイを見せてくれる?
ということで、ヒロはカズキの隣に配置、奇跡を待ちます。

そして最後は右端のレスポールですが、
彼に期待するのは、いたずら好きで相手の裏をかくのが大好きという部分です。
これは攻撃の時も重要ですが、相手に裏をかかれたらおしまいというディフェンスでは、
先読みが重要なポイントです。裏をかかれる前に相手の裏を読めるか!!
ということで、レスポールには、普段のいたずら心を存分に発揮して、
先読みで自陣ゴールを守ってもらいたいと思います。

そして最後、GK(ゴールキーパー)はもうおわかりですね。
残るメンバーとなれば、オレオレ様のディバイザーです。

実はゴールキーパーって、怖い顔が有利なんですよ。
日本代表の川島も怖い顔ですよね。昔、ドイツのオリバーカーンなんて獅子舞のような
顔の選手もいました。
実はゴールを守る時に大事なのは、技術力よりも気迫です。
相手を顔だけでビビらせて、どれだけミスさせることができるか。
気迫&オーラ、これがゴールキーパーの要です。
となれば、紅世界の王ディバイザーならその要素は充分にある!!

ということで、ついに決定しました、SRX日本代表!!
フォーメーション図にすると、以下の感じです。
          <相手ゴール>
         
↑↑↑

           FW タクト  

   MF フェル          MF ヨウスケ

MF ヒジリ                MF リッケン

           MF ユゥジ  

DF エピフォン              DF レスポール

   DF カズキ          DF ヒロ
 
                 <GK ディバイザー>

  
どうでしょう?
ディフェンス陣がちょっと心配ですが、
なんだか最強の布陣に見えてきませんか?
これならオランダ戦に勝てるかも・・・
なんて、そんな希望も持てますよね。

ちなみに、スタメンから外れたデュセンバーグですが、
彼女(?)はコーチです。
監督である貴女をしっかりとサポート、アドバイスしてくれますよ。

というわけで、長々と勝手にSRX日本代表の布陣を考えてみましたが、
もし、こんなサッカーゲームが出たら僕は絶対に買いますよ!
(伊東さん、4年後の2014年ワールドカップを見据えて、
SRXサッカーゲームなんて企画どうでしょう?)

と、まあ、こんな感じで妄想話を進めてきたわけですが(すいません、長くて・・・)
皆さまのなかに、

「そんなゆるいフォーメーションじゃオランダに勝てないぜ!」とか、
「デンマークなんて目じゃないぜ、ガンガン行こうぜ!」

みたいな新たなSRXフォーメーションアイディアがあれば、
ぜひぜひコメント欄に書いていただければ幸いです!!

というわけで、6月はワールドカップで眠れない・・・。
そして、7月は、ついにSRX発売!! もっと眠れない!!
今年の夏は、最高に熱い夏になりそうですね!!

ではでは。

(遅くなりましたが、前回のコメントはコメント欄に返信させていただきましたので、
見ていただければと思います!!)

2010年6月15日

あと半月になりました

お世話になっております、Rejetの細谷です。

前日の「アッパーデックモール」店長さんの
記事から、ヒロへの……じゃない、ヒロきゅんへの
溢れ出てこぼれるほどの愛を感じました。

みなさん、トレカのヒロくんがお手元に届いた際は
どうぞ世界に向けて愛を叫んでください。

でもなぜでしょう、ヒロくんよりも店長さんへの
好感度が上がったような。……良いことです。

さて、先日発売の電撃Girl’s Style様に、
各Trackの概要や新規イベグラなど掲載いただいておりますが
ご覧頂けましたでしょうか?

だいぶゲーム概要も出てきたことですし、本日は
開発現場であった、ちょっとした小ネタでも
投稿させて頂きたいと思います。
(削除するなら今のうちです、関係各位)

********

◆ケース1:我に返った

あまりに普段の展開が熱いため、キススチルを見て
「あ、そうだよね、これ乙女ゲーだもんね」と我に返ったスタッフがいた。
気持ちは痛いほど良くわかった。

甘いシーンもあるのでご安心ください。

◆ケース2:天に向かって

キャラにどんなポーズをつけるかで揉めていたとき、
「カズキなら、これだよ」←両手を掲げる
「ああ、やっぱ、これですかね」←両手を掲げる
と、みんなでUFO降臨でもさせているような
図になってしまった開発ルーム。カオス。

◆ケース3:あなどれない

ビーチでカレーを食べるスチルを見て、
さすがユゥジだね、という一言が。
何がだろうと聴いてみれば、
「ちゃっかりアキラのとなり、陣取ってる」
……確かに。

◆ケース4:あなた様でしたか

開発段階のある時期、突然、主人公の名前のデフォルトが
『伊東 愛』さんになっていた。
プログラマーさんの仕業だった。
ちなみに『佐藤 大』さんにはしてくれなかった……。

*******

……以上となります。

需要があるのか無いのか、まったくわかりませんが
ちょっとしたスタッフ小ネタでした。
そんな可笑しな現象も、作品への愛の一部として
受け止めて頂ければ幸いです。

ということで、今日は15日。
あと半月で発売ですが、それまで皆様
既出の情報や、周りの皆さんとの妄想ネタに
ツッコミを入れつつお待ち頂ければ幸いです。

それでは、今回はここで失礼します。
ありがとうございました。

(コメント返信いたしました! いつもありがとうございます)

2010年6月14日

トレカ売ってます

category:制作

初めておじゃまします。

トレカを発売しておりますアッパー・デック・ジャパンの直販サイト
「アッパーデックモール」店長です。

弊社の新レーベル「コア・ラヴィット」の担当者(加藤と中川)から、
公式に出張(でば)ってくださいとお願いされましたので、
寄稿させて頂いたしだいでございます。

本編ゲームやトレカの企画制作に関わっているわけではありませんので、
ご期待に添えないかもしれません。ご容赦を!

今でこそ、冷静かつ沈着にSRXトレカの商品情報をアナウンスし続けていますが、
実はネットで販売していくにあたり、戸惑いがありました。

普段は弊社の直販サイトでスポーツ系アイテムなぞを扱っているのですが、
スカーレッドライダーゼクスのような乙女系コンテンツというんでしょうか、
こういった商材に不慣れな部分がありまして、不安だったんです。

※直販サイトはこんな感じです → http://www.udmall.net/

しかし、弊社としても期待のプロジェクトでしたから、
当然SRXトレカをプッシュしていかなければなりません。
情報が掲載されている雑誌を、プルプル震えながら手にとって読んでましたよ。
キャラクターや声優さんの情報もお勉強しました。

そうこうしているうちにトレカの制作も進行し、販促用に6人のメインキャラの
プロモーションカードを店舗限定として作るという話が出てきました。
アッパーデックモールにも特典を付けてくれるとのこと。

おおう! それは心強い!

アッパーデックモールで買えばうちのお客様だけの特典を付けられるんですね!?
で、うちの子はだれですか?

「モールのプロモは下野紘さんのキャラクターだよ」

そ、それはヒロきゅんのことかーーーっっ!!
(↑すでにそこそこ覚え始めてる)

プロモーションカードが出来上がった後は、すかさず数百人のヒロきゅんプロモを
商品倉庫に連れ込みました。

カード何枚くらいあったんでしょう。
たぶん300枚くらいはあったかもしれません。

つまりは300人近くのヒロきゅんと、くんずほぐれつ。独り占め。
カードが傷つくのを避けるため、保護スリーブと言う名の服を着せてやり、
たまには脱がしてみたり、無意味に出し入れしてました。

まだ寒い時期だったのに、人数が多すぎてやけに汗ばんだのを覚えています。

いやあ、ほんと大変だったんですから。
店長の勢いそのままだったら、スリーブに入れればいいやと素手でもって
指紋も気にせずカードをボックスに貼り付けようとしていたところ、
「乙女をわかっていない」と怒られたんです。

え?そうなの?(汗;

と、どうしたもんかと思い、弊社のスポーツ商材を扱うような慎重さで
取り組んでみました。

左手に、白手袋を装着。
右手に保護スリーブ持ち、白手袋で掴んだカードをそこに入れ込む。
この店長の、アッパーデックオーセンティケイテッド級
(※弊社の直筆サイン証明プログラム)の作業により、ヒロきゅんを
綺麗な体のまま送り出すことに成功しています。

そして、すでにこの中から多くのヒロきゅんがお嫁に行きました。
ヒロ、君はいい子でやってるかい・・・?

と、言っても店長の手元にもヒロきゅんいるからいいんだい!
そうだ! とってもいい情報をお伝えしておきます!
トレカはSRXの世界観をいち早く楽しめるのですが、
魅力はカードそのものだけではございません!
ご購入いただいた方へ素敵なプレゼント企画もあるんですよ!

商品パックのコアラヴィットマークを指定の枚数、弊社宛にお送り頂くと、
オリジナルプロモーションカードやピックをプレゼントしているんです。

こちらは応募者全員プレゼントですので、
どしどし応募しちゃってください!

さらに応募者の中から抽選で、「スカーレッドライダーゼクス」に出演されている
豪華メインキャストの直筆サイン入りポスターを抽選で
5名様にプレゼントするんです!
キャンペーンにご応募頂いたら自動エントリーとなります。

また、秋葉原・メッセサンオーガールズGAMEショップ様にも
出張交換所を設置して頂いておりますので、そちらでも交換が可能です。

ただし、受付は6月30日までです。
もうすぐ終了してしまいますのでご注意くださいね。

ちなみに店長もすでに応募しております。
当たっても譲るつもりは毛頭ありませんよ!

そこはフェアにお願いします。

それでもって、「関係者がノコノコと応募してきやがって!」とか
担当に言われて弾かれるのも嫌なので、実は結構前に店舗さんでパックを購入、
友人にお願いしてこっそり覆面応募もしております。

さすが、店長。ぬかりなし!

プレゼントキャンペーンの詳しい情報は、↓のサイトをチェックしてくださいね!

PC → http://www.upperdeck.co.jp/corelovit/
Mobile → http://www.upperdeck.co.jp/corelovit/m/

なにはともあれ、スカーレッドライダーゼクスのトレーディングカードを
販売するのが店長の使命!
そのためSRXの魅力を伝えきるため、トレカはもちろん、キャラソンも購入。

気が付けばゲームも購入特典付きの限定版を予約している。
(店長の推しメン、ヒロきゅんの特典付きの店舗さんで予約)

・・・こ、これはまさか孔明の罠!?
トレカのこと、もう少し知りたい!という方は、店長のブログでも
紹介しておりますので、お気軽にご訪問ください。

http://ameblo.jp/udmall/theme-10022328543.html
また、アッパーデックモールでは下記のサイトでトレーディングカードを
販売しています。
限定プロモーションカード「鞍馬ヒロ」は、楽天でもAmazonでも
付いてきますよ!

(アッパーデックモール) http://www.udmall.net/user_data/srx.php
(アッパーデックモール楽天支店) http://item.rakuten.co.jp/udj/c/0000000187/
(Amazon 出品者UpperDeckMall)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B003EIKXX4

それではこの辺でお暇させていただきます。
皆様、ありがとうございました!

2010年6月13日

わぁお目々がスカーレッドだー

category:pako

そんなときはこのめg レゾナンスしているだけです
懐かしいなぁあのCM
そんなわけでグランバッハ アレは宇宙柄の服ではなく
腹部分が本当に宇宙です きっと真空
髪の毛の先もやや吸い込まれています(まて
基本やや大分大いに変態気味ですが 悪い子です
アァ服のところ宇宙ですが Yシャツ部分だけは普通に黒いシャツデスよろしく

ちょっと余裕が無くコメントは後日にまわさせてください 申しわけない

2010年6月12日

イリオモテヤママンチカン / Iriomoteyama Munchkin

ストーリーライダーズ永川です。
気温もあがり、どんどん夏が近づいてきてますね!
ゲーム発売まであと20日を切りました。
今年の夏はアツいぜ!

アニメイトさん限定セットの書き下ろし小冊子なのですが、
SSにもpakoさん書き下ろしの挿絵がついてすごいことになっています。
僕はまず脳に映像を浮かべてから文書にするタイプなのですが、その脳内妄想を
ぶっちぎるビジュアルにウットリ。ゲームであまり見られないISメンバーの表情
にグッときますよ!
てなわけで、アニメイトでも予約完了した! うおっしゃー!

そんなわけで、今回の用語解説はイリオモテヤママンチカン。ヒジリの飼い猫、
オチャヅケ(名前)が実はイリオモテヤママンチカンです。
琉球LAGの敷地はイシガキ島と、イリオモテ島の両方にまたがっています。その
一方イリオモテ島だけに生息するイリオモテヤマネコの一種です。東南アジアか
らイリオモテ島にたどり着いたヤマネコが独自の進化を遂げたものだと言われて
いますが、近年数が減り、特別天然記念物に指定されてしまいました。中でもイ
リオモテヤママンチカンは手足の短いキュートなスタイルなのですが、そのせい
で上手く餌が捕れずに絶滅の危機に瀕しています。
(オチャヅケも餌がとれずに瀕死のところをヒジリに助けられたのでしょう)
タクトやユゥジなんかは、薄々天然記念物だと気がついていますが、深く考えな
いようにしている模様。
ヒジリと一緒にLAGへやってきたオチャヅケは、島のネコの求めに応じて、島の
主であるヤマピカリャー(イリオモテオオヤマネコ)と対決し、やがて琉球LAG
内のボスネコとなる壮大な物語があるのですが(オチャヅケ・サーガ)それはま
た別のお話。

最後に一応、みんなは天然記念物を捕まえたり飼ったり餌付けしたりしちゃ駄目
だゾ!
スカーレッドライダーとのやくそくだ!(子供向け雑誌の夏休みの注意風に)
2010年6月11日

○○の人気に嫉妬

おはこんばんちは、Rejet青木でございます。

1つ予約を済ませた青木でございます。
やった…やってやった…!
とりあえずはまず、い●じんさんの通販ショップで。

あとはア●メイトさんで、あ! 前回は皆さんポイントについて
ご教授ありがとうございます。なるほど、別物なのね。
明日は時間が取れそうなので、予約に行って来たいと思います。
渋谷か秋葉か池袋か…結局店舗で迷う。あ! 秋葉行けば
メ●セさんも行ける! 試遊台! ということで、明日秋葉原でボクと握手!!

あとはどうしましょうね…しかーし、そんな私のスケジュール。

6月頭 引越し(家賃アップ)
7月頭 SRX複数買い
お金無いです。7月死ぬかもしれん。俺の死は3年隠しておけ…。

と、個人的な話は置いといて…

 

また、収録小咄でも…。つか、当分はこれで行こうと思います。
これならネタはまだ充分にある!!
(別に、特撮について語っていいよ。とかだったら、あと10ターンはいけますが)

 

基本的な収録スタッフって言うのは、
・音響監督さん
・エンジニアさん
・ゲーム制作スタッフ
・(いる時は)音声管理側のスタッフさん
という感じで構成されているんですが、今回は、
音監さんとエンジニアさんは男性だったわけです。
それ以外は女性です。私も女性です。

いつも思うわけですよ。男性の方に乙女ゲー録ってもらうのって申し訳ない…
(恥ずかしい台詞とか多いから)

なんですが、皆さんそれなりにキャラ萌えをしながら(?)お仕事をされるのです。

音監さんの問題発言「俺のヨウスケ」とかはスルーしつつも、
やはり男性に好かれるキャラ…というのは気になるものでして、
探りを入れたりするわけですが、まあ今回は探りを入れるまでもなく一目瞭然でした。

だって、その人が、喋り始めたり、何か良い台詞を言う度に…

女性スタッフ「…かっ」(※かっこいいと言いたい)
男性スタッフ「かっこいい~~~」
女性スタッフ「………………」

という状況が繰り返されていました。
先に言われちゃ、こっちの立つ瀬がねーよ!と思いながらも、
つねに先手を取られておりました。

あまりこの状況が続いたため、途中からの私↓

わ、私は別にかっこいいとか思わないんだからね!
 べ、別に嫉妬とかじゃないんだから!!

 

果たして、それはどのキャラか…正解は次の書き込みで!!

 

少しコメント変身しました。返信。
地道にやっていきます。いつもありがとうございます!